読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてにゃん氏の技術ぶろぐ

技術っぽいこと書きます

リーダブルコードを読み終えた

厳密には「The Art of Readable Code」を読んだ。

The Art of Readable Code (Theory in Practice)

The Art of Readable Code (Theory in Practice)

C++, Java, Python, JavaScript, PHPなどのコードの例をあげながらいかにして読みやすいコードを書けるかのポイントをいくつかあげてる。こういったことは大学(少なくとも僕の大学)では情報系でも習うことはないのでためになった。基本的にいつも課題は○○ができるプログラムを作れという感じで、ちゃんと動作さえすればよかったのであまりコードの読みやすさはそこまで意識していなかった(自分がまあまあ読みやすい程度にはしていた)。
特に教授によってはコメントを強制してくるひとも居たが、コメントが不要なコードにコメントを書くのなんてちょっと…って思ってたらそのことについてもこの本に書いてあったのでちょっと嬉しかった。
プログラミングのスキルにかかわらず、この本はオススメできます。日本語訳のほうはみていないけどそちらも評判よさそうですね。

そういえば今日は僕の誕生日だ。特に用事はないけどね