@stefafafan の fa は3つです

すてにゃんのブログです

悩み事の全容を常に把握している状態だと仕事や人生のパフォーマンスがあがりそう

最近というか前からずっと思ってたことがあり、それは自分自身が悩んでること案外いろいろあり、とはいえそれを悩み事だと認識していなかったりちゃんとどこかにメモったりはしていないせいでパフォーマンス落ちてそうだなということ。全容が知りたい。最近「丁寧な生活」をしたいというモチベもこのことからきています。

仕事的にどういうことかというと、アプリケーションの開発を行ってる際に、「ここちょっとバグるかもな〜」「アクセス数とか負荷とかどうなんだろうな〜」「この設計はイケてるのかな〜」「メンテナンス性どうなのかな〜」「リファクタリングしたいな〜」とかいろいろなんとなく悩んでるまま開発してると、いざリリースというときも、「いや、ちょっとこの状態でリリースして良いものなのか」と不安になったりして確認し直したりして結果的にパフォーマンスが落ちそう。悩み事を全部適宜issue化するなどして、どの状態でも全容がわかってると落ち着いて対応できて良い。

突然プライベートな話をすると最近私は「肩こってるな〜」「冬物の洋服があまりない気がするな〜」「自炊していないな〜」「最近会社に10分くらい遅刻することが多くてよくないな〜」「プリンセス・プリンシパル月がきれいもまだ全然みていないのに今期のアニメもどんどん溜まってるの困ったな〜」「ゲームもいくつか買ってるけどあまりやれてないな〜」「冬コミに出すつもりのゲームの進捗を出さないとな〜」「冬に主催する予定のイベント果たしてうまくいくのだろうか〜」など色々なレベルの悩みがあります。

「ちょっとだけ困ったけどまあいいか」みたいなレベルでもたまると結構ストレスになると思うし、「ちょっとだけ困った」が1000個たまったら全容把握するのは大変なので、一旦困ってることは全部issue化なりなんなりして、どういう感じなのか一回眺めて、やれるとこから解決していくと精神的に良さそう。仕事も仕事以外もそうしたい、と最近ずっと思っています。

にゃお〜